ノラネコ日誌~日々是好日~

親なし子なしバツイチ底辺女「ノラ」と愛猫のサバイバル日記。

リセット #7

あ~、ご心配や激励を下さった皆様。


仕事決まりました←


即日採用( ; ゚Д゚)


派遣じゃないですよ?


正社員です←


未経験の職種なので難しいかもと駄目元でドキドキしながら行ったんですが行ってみたら...


細かいこと訊かれず...


面接というより歓談といった感じで...


何かがおかしい←





一通り話したらおもむろに、誰かを呼びに行く面接官。


「な...なんだ?私何かしたか?何か失言?地雷踏んだ?何が...」


なんでお前居んの?(´゚ω゚`)


面接官(事務局長)がニコニコと連れてきたのは、我が親友(悪友?)のK子(^^;


お前今日出勤してたんかいwww


そうです。私をこの職場に誘った友人、K子ですw


ちなみに、私の未経験な職種とは、常々人手不足な激務と騒がれている仕事。


介護士


闘病中だった母を見ながらぼんやりと考えていた仕事。でも未経験じゃ雇ってもらえないだろうなと諦めていた仕事。


まさか今、こんな形で介護士になるとは思っていませんでした(; ̄ー ̄A


K子には「未経験でも大丈夫だよ。年齢だって4、50くらいから始める人もいるし。」


と言われてましたが、私を安心させようとしてくれてるんだな、と思っていて。


それでも不安で堪らなかった私は、前日の夜、脳内で何度も面接の様子をシミュレーションしていて。


面接に行く前の墓参りでも、亡き母に「不安で堪らないけど全力で面接頑張ってくるよ。応援しててね!」と気合いを入れていて。


脱力(;´A`)


なんかもうね...疲れましたww


いくら友人を介しているとはいえ、面接官はその上司であって、一筋縄ではいかんだろうと、私めっちゃくちゃ気合い入れてたんですよ。


本気で緊張してた私のピュアハート返してヽ(#゚Д゚)ノ


その後、友人が私の隣に座り、事務局長と共に仕事の内容や給与の話などを、とても×2まったりとした感じで説明。なんとも和やかな三者面談。


何この状況(;^∀^)←心の声


ご心配と激励を下さった皆様。(リプレイ)


なんか申し訳御座いませんでした!!( ̄□ ̄;)


面接後の友人「な?言ったっしょ?(ドヤァ)」


な?じゃねぇ~よっ!Σ( ̄□ ̄;)


今は人生の分岐点で、そんな時に昔諦めていた仕事に就けて、とても有難い事なのですが...


何だろうこの脱力感(;´-`)


というわけで、来月半ばから私は見習い介護士になります。そして直属の上司はK子ですw


即日勤務でないのは、私の現状を考慮してくれての有難いお気遣い( ´∀`)


だが...


鬼軍曹にしごかれる日々か...(遠い目)


あぁ、なんか疲労感が半端ないですが、私は明日朝から不動産屋に行って、件のアパートを契約してこなければならないのですよ。実際入居出来るのは、クリーニング後の5月1日からですが、抑えておかないとまずそうなのでwそれまでは自宅から通う事になりますが致し方なし。


そして明後日は車を手放し、原チャリを受け取る日。これも朝一の予定。


そして、家具家電の買い換え等に使う準備金を借りる手続き。仕事が決まった事で、銀行のフリーローンが組めるようになったので。これも、銀行に勤める別の友人に相談済み。


あとは...大掃除を済ませ、相続したこの家を査定してもらい、売りに出せば、人生リセット完了。


mission complete.


まだまだやる事多いですが、心折れずに頑張れそうです。




帰り際


友「や~、人足りなくて困ってたから助かったわ~ww私優しいから安心してw」


私「嘘つけ鬼軍曹w」


友「ん?なぁ~に?w」


私「ナンデモナイデス...」


友「優しく教えてアゲルからぁw」


私「目が笑ってませんよ隊長w」


友「ソンナコトナイヨ?」


私「(´Д`;)」



そんなふざけた会話をしつつも私は、手助けしてくれた友人達を思い、


「友達って、でっかい財産だな...」


と、ほんのり幸せを噛み締めました( ゚ー゚)♪