ノラネコ日誌~日々是好日~

親なし子なしバツイチ底辺女「ノラ」と愛猫のサバイバル日記。

人生の分岐点


今日、担当者から連絡があり、今就業中の派遣先を辞めさせて貰えることになった。原因は薬の副作用。


とはいえ症状は軽い方なのだろう、私の場合。それは愛猫のおかげ。死にたいとは思っても、シオンを見ると「まだだ。」と思えるのだから。


ただ、抗うつ薬を飲むような事態に、私の精神がなってしまったことは事実。私の場合は多分、私が今まで道を誤ってきたツケかなぁ。甘えてきたツケかなぁと思う。せっかくなので書きたいように書いていく。下らん独り言ww


一人っ子なせいか、母親は過保護な教育ママだった。父親は起業家なせいかほとんど家にはおらず、たまに帰ってくると酔って母親に絡んでた。叩いて泣かせているのも見た。


まぁ、呑んでさえいなければ単なるお調子者のダジャレ親父だったけれど。そんな父親が浮気して海外に女を作った。母とは当然離婚。その後、母は再婚するもまた離婚。よくやるwまぁそんな私もバツイチだから母のことばかり言えないけどw


心理検査なんかもしたせいか、色々見えてきた。子供の頃、母に誉められる事がなにより嬉しかった。誉められたくて色々やった。


ただ、成績が悪い時や、何か失敗をした時は厳しく怒られ、叩かれたこともあった。雨の日に外へ裸足で追い出された事も忘れられない。


それでも、そうやって折檻した後落ち着くと、母は泣いて私に謝った。悪いことをしたのは私のはずなのに。勿論私も号泣しながら謝った。...今考えると異様だわww当時は母も、一人きりで育児をしなければならない不安に参っていたのかも。親子で共依存のような。


いつしか私は必要以上に失敗を恐れ、避けるようになった。弱っちい私の自己防衛本能かも。完璧な人間などいないと今は分かっているけれど、以前はそんな幻の人間になろうとしていた。


母親に言われるがまま塾に行き、本当はやりたくもないピアノの稽古なんかも行った。でも、怒られるのが、嫌われるのが嫌で行っていただけの人間が、本気でやっている人のように上達するわけなかった。


怒られたくない一心で、角の立たない辞め方を模索し、少し遠目の高校を第一志望として受験した。結果は合格で、暇もあまり出来ないよう、部活を2つ兼部し、塾やお稽古からは解放された。


短大も、過干渉されるのが嫌で寮のある短大を受験した。無論、受験に失敗しなさそうなレベルのw勿論自分が興味を持った学科があったというのも理由の一つだけれど。


逃げてばかりだったなぁ。結局。母親の過度な期待から逃げて、ダメな自分から逃げて。


けれど、過干渉が嫌だったくせに、実のところ、私自身も母親に甘えてたな。今考えればwほんと甘ちゃんのダメ人間w


社会人になってからも逃げ癖が治らず、仕事も度々変わってた。そう考えれば、派遣という働き方は私に合っていたのかも。


でも今それがダメになった。短期から長期まで色々やったけど、どんなに働いても不安は消えない。


将来なんて誰も分からないんだから不安があるのは当然ですわな。その上逃げることばかり考えてたらそりゃ行き先もなくなるw


だから今こうなってるのは完全に自業自得。


こっから先どうするかが勝負。もう人生半分以上無駄にしてるけれど、まだ生きてるから、体が動くから、まだもうちょい行けると思う。


こんなことを考えたきっかけの一つに、別れた元旦那ととある場所で再会したせいもある。


元々借金持ちだったのを、私が建て替え綺麗にしたにも関わらず、またゲームに廃課金して借金こさえた元旦那。向こうは気付いたかどうか定かじゃないが、私はなんとなく気付いた。ヨレヨレのスウェットに無精髭。離婚後、実家に帰して、その後どうなったかは私には預かり知らぬことだが、その姿を見て「何も変わってないんだな」と察した。


私は...変わらなければ。誰に誇れずともいいけれど、弱い自分に負けず生きなければ。


と、気持ちを新たにした今日は、ある意味私の独立記念日だろうww